top of page
検索
  • 執筆者の写真峯尾弘樹

教育界のノーベル賞 トップ10選出「正頭英和先生」

この度、先進的な教育活動を評価する教育界のノーベル賞 トップ10に選出された、 世界トップティーチャーの正頭英和先生がデジタネ公式アドバイザーに就任したことをお知らせいたします。


◆正頭英和先生のご紹介 小学校 教諭 / 2019年に「教育界のノーベル賞」と呼ばれる「Global Teacher Prize(グローバル・ティーチャー賞)」トップ10に、世界約150ヵ国・約3万人の中から、日本人小学校教員初で選出される。AI時代・グローバル時代の教育をテーマにした講演も多数。桃鉄教育版のエデュテイメントプロデューサーもつとめる。


















正頭英和先生からのコメントもいただいており、詳細は下記をご覧下さい。


先進的な教育活動を評価する教育界のノーベル賞 トップ10に選出!世界トップティーチャーの正頭英和氏がデジタネ公式アドバイザーに


以下、正頭英和氏コメントです。

エンタメが豊富な現代において、子供たちは物事を「楽しいかどうか」で選ぶ傾向が強まっています。物事の本質を理解するには、その経験を継続することが欠かせません。そのため、子供たちが「学びは楽しい」と感じるためには、教育のハードルを下げる必要があります。それと同時に、体験の多様性が重要となり、ひとつのことを突き詰めるのではなく様々な体験の積み重ねも重要です。

デジタネはエンタメをベースに学びを設計し、プログラミング領域でエデュテイメントを突き詰めていることから、現代の子供たちとの相性が良く、将来性を感じました。

デジタネのアドバイザーとして、エデュケーショナル・デザイン社と共に、デジタネの発展とよりよい学びを浸透させたいと考えています。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page